問題発見と解決の技法-発見(遠山紘司教授)の面接授業を受けました。

問題発見と解決の技法-発見(遠山紘司教授)の面接授業を受けました。

スポンサーリンク

今学期初となる面接授業、

問題発見と解決の技法-発見を受けに行きました。

平成24年(2012年)第2学期の面接授業の初参加!。

面接授業の場所は、いつもの千葉学習センター。

授業科目として今回、問題解決の進め方(’12)を選択したのもあって、

是非、面接授業も一緒に受けて理解を深めたいと想い受講しました。

問題発見と解決の技法-発見の講師は、放送大学客員教授の遠山紘司先生です。

問題発見と解決の技法-発見の面接授業の体験談を紹介したいと思います。

 

2日間の大まかな授業の流れとしては、

講義+演習(プレゼン資料作成&発表)という感じでした。

まず講義一日目は、発想と整理の技法として、問題解決の基本、

発想の技法、整理の技法、数値の整理、情報収集などを学び、

その後、演習の為のプレゼン内容のテーマ決めや、演習方法などをやりました。

今回、演習プレゼンの内容として、私たち生徒がお題を持ち寄って決まったのが、

地域の高齢者対策、結婚についての対策、いじめ問題対策の3つでした。

1グループ4人~5人のグループを作り、どのお題をどの担当グループが受け持つか決定し、

このグループ内で、一つの問題に対しての対策をまとめて発表することになります。

私はこの中でいじめ問題対策のグループに入り、演習を行いました。

講義1日目の宿題として、いじめに関する事柄や対策方法などを、

ブレスト形式の短い文章で、それぞれ20ほど準備してきました。

2日目の講義に入り、これらを共有し一つにまとめ、

一枚の大きな用紙に情報を整理し、プレゼン資料を作成しました。

最後に、各グループ共それぞれ発表を行い、

また、質問にも回答するなどして演習をしました。

面接授業を受けての感想としては、まずは、『楽しかった」です(笑)

普段私たちは独学メインですし、

あまり学生同士で一緒に何かを取り組む機会はありません。

今回はグループになっての共同作業なので、

コミュニケーションを多くとることが出来たのは本当に楽しかったです。

授業としても、それぞれ違う他のグループのプレゼン内容を見て、

表現の仕方や論理的な説明法などを学べたのは良かったです。

また、質問に関しても鋭い質問が出たり、

自分とは違った様々な視点、意見を聞くことが出来たのが良かったです。

今回の問題発見と解決の技法-発見の面接授業は、

とにかく、いろんな人と交流が出来たというのも大きかったです。

いくつか面接授業を受けたことがありますが、

多分その中でも一番、他の生徒や先生達とコミュニケーションできた!って感じでした。

そして授業終了後、問題発見と解決の技法-発見の担当講師の、

遠山紘司先生のお写真をバッチリ頂いてまいりました!

遠山紘司(とおやまこうじ)先生(放送大学客員教授)

遠山紘司先生は、とっても穏やかな口調で、

生徒の私たちにも気さくに応えてくれる先生でした。

私がこの面接授業の教室玄関画像を撮ろうとしたところ、

私も入ろうか?(笑)と撮らせて頂きました。

こういうことにも気軽に応えてくださる、遠山紘司先生でした。

遠山紘司先生、本当にありがとうございました。

同じグループの仲間にも感謝です。皆さんありがとうございました!

スポンサーリンク


問題発見と解決の技法-発見(遠山紘司教授)の面接授業を受けました。

1 個のコメント

  • 懐かしいですね。私も入学した年にやりました。(神奈川で担当は遠山先生でした。)
    ちょうどエコポイントが導入された年だったので、私たちのグループはエコポイントについて発表することに。
    もちろん質疑応答もあることから、1日目の帰りに近くの大型電器店へ行って、パンフレットをいただいてきました。おかげで、質疑応答のときにパンフレットを見ながら答えることができました。
    終わってから、メンバーと模造紙を囲んで写真を撮りましたよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です