放送大学エキスパートは履歴書に書けると思った件

放送大学エキスパートは履歴書に書けると思った件

スポンサーリンク

放送大学生の方であれば、この放送大学エキスパートの存在はご存知かと思います。
心理学系であれば心理学基礎プランや臨床心理学基礎プラン、その他にも、工学基礎プランなど、28のプランがあって、この認証状を取得するには、それぞれに決められた指定科目や取得単位数があり、それをクリアする必要があります。

放送大学エキスパートを申請し認定されると、各プランの放送大学エキスパートの認証状や証明書、科目群履修認証カードがゲットできます。履歴書にも書けます。

放送大学では放送大学エキスパートについて以下のように説明しています。

履修証明制度とは
学士などの学位とは異なる、社会人などを対象とした新しい履修・学習の証明が「履修証明」です。2007年度の学校教育法改正によって誕生した制度で、大学などが、一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、修了者に対して、法に基づく履修証明書を交付できるようになっています。

放送大学エキスパートとは
放送大学が2006年度から実施している制度です。上記の履修証明制度に対応しており、計28のプランを設けています。プランの詳細は、こちらをご覧ください。
科目群履修認証制度「放送大学エキスパート」 | 放送大学 – テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学

私なりに解釈すると、通常大学で単位取得すれば、例えば、心理学概論の単位取得した臨床心理士概論の単位取得したとか、それぞれの科目を履修し、一定の基準をクリアし、単位を取得したという証明をしてくれますよね。

その他にも、学士の資格とか、教養学部修了とか心理学部修了とか、学位記、卒業証書などで、どういう学習をしてきたのかを大学が証明してくれますよね。

でも、この科目群履修認証制度「放送大学エキスパート」は、放送大学が決めた科目群・プランを修めた者に対して、各領域・分野に関して一通り網羅的に学んだ、体系的に学んだことを証明してくれる、プチ資格?みたいなものだと言うことですね。

心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランなど、体系的にきちんと学んでいますよと言うのを、放送大学エキスパートを持って、その証明をしてくれる資格のようなものです。もちろん、放送大学が認めてくれたものですので、履歴書の資格の欄に書いてもいいアピールになるのではないかなと思います。

そして、今回、放送大学エキスパートを取得しようと、申請手続きを行ったのですが、この申請を通して、放送大学エキスパートのすごさを思い知らされたのです。

心理と教育コースを卒業したのに、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランが取得できなかった!

心理と教育コースを卒業したのに、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランが取得できなかった!
これに関しては、結構衝撃的でもあり、逆に放送大学エキスパートのすごさを改めて感じました。

心理と教育コースで卒業に必要な124単位以上を取得しているので、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランでも取得しようかな~と軽い気持ちで申請しようとしましたが、あえなく撃沈。私の学んだ心理学系の単位では認証取得条件に足りず、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランが取得できないことが判明。ちょっとショック。そしていい意味で驚き。

私、心理と教育コース卒業確定しました。もちろん、卒業できるということは、放送大学が認定する、心理と教育に関する専門コース科目、専門科目の単位を取得しています。そして、心理と教育コースで卒業研究も書いて、卒研で単位も取得することができました。

しかし、いざ、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランの認証取得条件を確認していくと、自分で学んだ科目ではそれぞれのプランの基準を満たすことができないことがわかりました。

正直な話、はじめ、放送大学エキスパートは、勉強する際の目標設定としての資格なのだろうな~とか、心理と教育コースを卒業して学士が取得できれば放送大学エキスパート必要ないかな~と思っていましたが、間違いでした。

心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランをはじめ、28のプランは、きっと、体系的に学んでないと取得することができない取得です。
例えば、放送大学エキスパートの心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランを取得されている方は、きっと、私より心理学全般を学習されていたり、臨床心理に関する学習全般をきちんと学ばれているんだ!と、少しのショックと、放送大学エキスパートのすごさを感じました。

放送大学で学んだアピールになる資格・履歴書にも書ける資格

放送大学エキスパートは履歴書に書けると思いました。特に、放送大学を卒業して就職活動をする方とか、転職活動をする方で履歴書を書く方は、ぜひ、取得した放送大学エキスパート資格を書いた方がいいと思う。

私は放送大学生なので、そして、その私が心理と教育コースなのにも関わらず心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランの放送大学エキスパートを取得できないので、そのすごさがわかる。だけど、履歴書に書く場合は、面接官の方に、履歴書に書いた放送大学エキスパート資格については「?」となって、いまいちそのすごさが、その体系的に学んだ事実がうまく伝わらなかもしれない。

履歴書に放送大学エキスパート資格を書く際には、その説明やアピール、プレゼンをして、ただ単に卒業した場合では取得できない資格であることを猛烈にアピールしてほしいと思います。心理と教育コース卒業した人でも、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランの認定に至ってない方もいるのだと(私みたいに)。その人より体系的に、全体的に学んだということになることをプレゼンしてほしいと思います。

放送大学エキスパートは費用が安い!

放送大学エキスパート資格、興味はあっても、認証頂くのにお金や費用がすごくかかったら、どうしても手が出しにくくなってしまいますよね。しかし、放送大学エキスパートの費用はそこそこ安いのです。

1つのプランで、認証状+証明書+カードの基本3点セットの費用で1,500円です。
申請する為に申込用紙を封書で郵送する際の82円切手を含めても、1つのプランで、基本1,600円以下でゲットできます。

放送大学エキスパートの確認のススメ

前述のとおり、私は心理と教育コース卒業となりますが、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランを取得するだけの基準には到達できていないことがわかりました(少しショック)。でもなぜだか、社会系で認定を頂けるようなプランもありました。

この放送大学エキスパートを確認してみて、今放送大学で学んでいるけど、また、放送大学卒業したけど、仮に自分が放送大学エキスパートを取得するとしたら、どのプランが取得できるのか確認するのも面白いかもしれません。

私自身は、心理学基礎プランを網羅できていないこともわかりましたし(言い訳としてwずいぶん昔の科目を取得したのせいもありますが)、臨床心理学基礎プランでも、基準を満たしていないことがわかりました。これを認識することで、心理学に関する学びは、まだまだ必要なのだなと改めて確認することができました。

同じく、自分が心理学と併せて社会学系にも少し傾倒していたのだなということも確認することができました。全体的に心理と教育に関する単位を少し多く取っていたけど、社会系と6:4くらいな感じで学んでいたのだなということを確認することができました。

もちろん、放送大学エキスパートの各プランの認定に必要な科目や単位を取得することで、各プランを体系的に学ぶための指標ともなってくれますし、学習のモチベーションにもなってくれます。

放送大学エキスパートを確認することで、自分の学びに対する確認ができるのではないかなと思いますので、放送大学エキスパートが気になる方は、ぜひチェックしてはいかがでしょうか。

早速、放送大学エキスパートを申請してみました
放送大学エキスパートを申請してみた

科目群履修認証制度「放送大学エキスパート」 | 放送大学 – テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学

スポンサーリンク


放送大学エキスパートは履歴書に書けると思った件

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です