放送大学エキスパートを申請してみた

放送大学エキスパートを申請してみた

スポンサーリンク

無事に放送大学卒業確定ということで、突然ですが、放送大学エキスパートを申請してみました。
放送大学エキスパートを申請するのは放送大学生活で初めてのことになります。

学士(教養)の学位を頂けるのと同時に、この際だから、心理学系を学んだという証みたいな証明も欲しいなということで、科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)を申請することにしました。

もう一つおまけに、今年度末(2017年3月31日)までに放送大学エキスパートを申請すれば、岡部学長の名前が入った放送大学エキスパートが頂けるかな?どうかな?という淡い期待もあり、申請することにしました。

しかし、放送大学エキスパートは履歴書に書けると思った件でも書いたとおり、心理学基礎プランや臨床心理学基礎プランは、認証取得条件を満たしていないことが判明しました。

唯一、認証取得条件を満たしていたのが、放送大学エキスパート社会探究プラン(現代社会の探究)。良くやった自分。これで放送大学エキスパートが申請できます。

放送大学エキスパートの認証取得条件を確認

放送大学エキスパート社会探究プラン(現代社会の探究)突き合わせ
まずは、自分の欲しいと思う各プランの放送大学エキスパートの認証取得条件を見ながら、必修科目や選択必修科目、必要な全体取得単位などが満たされているか、自分の取得している単位を突き合わせながら確認しました。

放送大学エキスパートの認証状等交付願の作成

認証状等交付願の作成
「科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)について~認証取得の手引き~」のPDFの最後のページに、認証状等交付願があるので、それを印刷して、申請したいプランの選択や、欲しい証明書の枚数、カードの有無などを記載し、金額を記入します。

放送大学エキスパートの発行手数料の支払

今回は、唯一、放送大学エキスパートとして取得できた、1プランの申請をしました。
1プランの申請で、認証状+証明書+カード、で、合計1,500円の申請発行手数料が必要になります。

私の場合、この発行手数料は銀行のATMで支払いを済ませました。
この支払いを済ませた時の銀行振込明細書のコピーも必要となるので、支払いを済ませた後、銀行振込明細書のコピーを取っておきます。

放送大学エキスパートを申請する封筒を準備して郵送

放送大学エキスパートの認証状等交付願の申請
長3サイズの封筒を準備して、先程の、認証状等交付願と、銀行振込明細書のコピーを封筒に入れて、放送大学学務部連携教育課資格取得支援係宛で郵送します。この際、82円切手を貼りました。
また、封筒には赤文字で、「放送大学エキスパート交付願在中」と書いておきます。
これをポストに投函して、申請完了です!

放送大学エキスパートを申請してから、認証状や証明書、カードが届くまでに、月末締めのそこから2ヶ月後程度の時間がかかるそうです。
私の場合は、2月20日くらいに申請書をポストに投函したので、2月末日締めで、4月末日くらいまでには放送大学エキスパートが届くかなと思っております。

放送大学エキスパートの申請は初めてのことでしたが、これで手続き上問題ないようであれば、意外に簡単に申請ができたという印象でした。
4月末日くらいに認証状や証明書、カードが到着予定ということで、岡部学長のお名前が入っているかどうか分かりませんが、楽しみに待ちたいと思います。

放送大学エキスパートの申請の詳細については、放送大学の公式サイトを確認してくださいね!

科目群履修認証制度「放送大学エキスパート」 | 放送大学 – テレビ・ラジオで学ぶ通信制大学

スポンサーリンク


放送大学エキスパートを申請してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です