iPhone5s水没&復活&その後の不具合

iPhone5s水没&復活&その後の不具合

スポンサーリンク

今までiPhone5sを使用していたのですが、なんと、水没!
しかも、水没の仕方も、トイレに落としたとか、雨の日にどうにかしてしまったということではありません。
台所のシンクにあった、私の愛用の100均一で購入した丼に溜めてあったお水の中に、半分浸かるという感じですよ。

明らに、iPhone水没の原因は人的ミス。悔んだ時には、既に時遅し。
そして不幸なことに、充電中という、通電中の水没です。これは駄目かも。

水没からの救出・異音

すぐ水からiPhoneを取り出しましたが、その時には「シューシュー」という異音が発生していました。
iPhoneの充電による、iPhone内部の高温と水が何らかの反応をしてこのような音を発しているのでしょうか。
水が気化するような音、なんかのか化学反応を起こしている時の音のようなものが聞こえました。

はじめに

まず、これは私個人的に行ったことなので、無事に水没したiPhoneを見事に復旧・復活させるための方法ではありませんのでご注意ください。
他のiPhoneの水没からの復活方法で紹介している方法の中で、これは絶対してはいけません!というようなこともやってしまっています。
なにせ、焦っていますから、その時はどうやってiPhone内の水を出そうかとかいっぱいいっぱいでしたからね。

見事にiPhoneを水没から復活させるためのハウツー記事ではなく、ただの体験記ですのでご注意ください。

水没からの復旧作業・応急処置で行ったこと

まず、電源を切りました。電源を切ったのだけれども、そもそも既に不具合が生じていたので、勝手に電源が切れてしまったというような感じでしょうか。

次に、水を出すイメージで、iPhoneを思いっきり振って、水を出しました。
タオルなどを巻いて、iPhone内の水を出すイメージで。
水に浸かっちゃったので、水を取り除く。焦ってるとしごくシンプルな行動を起こすものですね。

乾燥材を用いて乾かす

もうやるだけやって、水が取り除けたかな?というところで、乾燥に移ります。
乾燥材なんて専用アイテムは持ち合わせていませんでした。
そこで、食材についている乾燥材を使いました。

お菓子の中にはいている乾燥材とか、海苔や鷹の爪なんかに入っている乾燥材ですね。
プラスアルファ、買ってきたばかりの、靴のムレを防いで、靴の臭いを取り除くものも使いました。乾燥材なので。

これらをiPhoneと一緒にビニール袋の中に入れて、数日間放置してみることにしました。
iPhoneに水が入った状態で通電してしまうと、ショーとしてそれこそダメになるみたいな話もあったので、まずは乾燥させねば!という感じですね。

アップルマークのみの表示・赤色画面・緑色画面

悲しいかな、「もう乾燥しているだろう」「一回試してみようか」等という感じで、複数回、乾燥袋から取り出して、は電源をつけてみて、つかない、或いはついたけどホーム画面でてこない。こんなのを繰り返しました。

しかし、数日後から、アップルマークが出てくるようになりました。
しかし、アップルマーク出てきたと思ったら、ずーっとアップルマークが表示しているだけとかでした。
また、電源をつけると、緑色の画面が出てきたり、赤色の画面が出てきたりするものだから、あきらめムード満載でした。

このような色の画面が出てきたら、初期かを試してみようというような方もいらっしゃったので、iPhoneの初期化をしてみました。

iPhoneの初期化

iTunesを使って初期化しました。

データの保存とか、全部消えてしまうという怖さもありましたが、背に腹は代えられんということで、初期化を試みました。
そして、案の定、iPhoneに保存していた、電話番号などの連絡先情報、音楽、画像、動画は全て消えさりました。

しかし、なんとかいつも通りのiPhoneの画面になり、復活した様な感じになりました。

iPhoneの復活&その後の不具合

水没をしてしまってから一週間後くらいには、無事にiPhoneが復活し、その後、水没から復活して2カ月ほど使用しています。

電話もできますし、ネットにも接続できます。
Wi-Fiにも接続できますし、メールの送受信もできます。
一通りのiPhoneアプリも問題なく使用できています。

しかし、やはり水没後からの完全復活はなりませんでした。
水没から復活後、いくつかの不具合を抱えるようになりました。

Bluetoothが使えないようになった

Bluetooth接続をしているものがあったのですが、Bluetoothが完全に使えなくなりました。
Bluetoothが使えなくなる症状としては、Bluetoothをオンにするも、アイコンのところがくるくる回っているだけで一向にBluetoothに接続できないものです。
これは未だに復活していません。

時計が狂う

iPhoneの時計が狂います。
まず、日付と時刻の設定で、自動設定にしても、全く反応しません。
自動設定での日付や時間合わせができなくなりました。

また、手動で日付や時間を設定しても、ずれるようになりました。
これは、一度時間を設定して、アプリを起動していると、きちんと時間が進み?、アプリを切ったり電源をスリープ状態とかにしてしまっていると、時間が止まったままになってしまい、ずれてしまいます。

iPhoneは水没させたらいけない

今回、iPhone5sを水没させてしまい、てんやわんやで復旧活動を行い、最終的には不完全ながらも使用できるところまで復活できました。
しかし、時々、急に電源が切れてしまったりという不具合もあります。
いつまでこの復活してくれたiPhoneが生きながらえてくれるかはわかりません。

よくよく考えてみると、iPhoneって、すっごい高価なものなんですよね。
iPhoneは数万から十万以上する、高価な端末です。

日常どこにいても使いたくなるiPhoneですが、あまりにも日常生活のどのシーンでも利用しているものだから、身近すぎて、そのiPhoneの高価さ、仮に失ったとして新たに仕入れる費用の高さ等が忘れがちになってしまっていることに気づきました。

iPhoneは高価なもの。貴重品。水没させたらいけないものと十二分肝に銘じて、大事にiPhoneを扱わないといけないなと勉強になりました。

スポンサーリンク


iPhone5s水没&復活&その後の不具合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です