傷跡と桜と千葉学習センター

スポンサーリンク

放送大学千葉学習センター
さて、先日の土日と、面接授業の為に赴いた、放送大学千葉学習センター。

こちらの写真を見てもわかるように、震災の傷跡が残り、ところどころ進入禁止になっていました。


学習センターの敷地内を歩くと、ひび割れを起こした地面やコンクリートが目に映りました。

液状化現象で、砂が大量に発生しているところも沢山ありました。

傷跡残る千葉学習センター
こちらの写真の左の方に、砂が溜まっているのが見えます。

こんな状況の中でも、こうやって学問を出来る状態にまでして頂いた、放送大学のスタッフの皆様には感謝の一言しかありません。

個人的には、今回は社会学の面接授業を受けたのですが、当然、その授業の中でも、社会学とこの震災を絡めた考察が行われました。

僕らは何故勉強をするのか。

自然の中で生きる私達。そして人間として生きる私達。

世の中には、素晴らしい時間も、素晴らしいひと時も、幸せな時間もある半面、
様々な問題、わかっていてもどうにも手がつけられない問題、沢山の問題が、すぐ私達の隣に、私達と一緒に存在しています。

私はエゴ的に考えます。

これらを少しでもより良い方向にするべく、個として学問をし、知識を吸収し、少しでも生活に生かしたいと勉強したいと思っています。

たかが私の個人の想いですが、いっぱい学んで、少しでも世の中を良くしたいと思っています。

それはもう、はなくそみたいな微々たるものかもしれませんが、それでもそういう気概を持って学んでいこうと思います。

少なくとも、僕の中での放送大学の勉強は、間違いなく、学歴とか、社会人学生という響きとか、そんなものではないと、そうならないように学問したいと思います。

否、学士の資格取らないと大学院受験できないしな~というのは、、、やっぱりあるかな(笑)

放送大学千葉学習センターの桜

震災の傷跡残る千葉学習センター。

このような事態が防げなかったのか?そんなことを学んだ社会学。

そんな中でも、青空の下に、まさに元気に咲き誇る桜。

僕は何故勉強をするのか。

うん、でも、やっぱり、まずは学問、知識を吸収する。これが一番の目的です。

そのためにも頑張りまっせ。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください